03月≪ 2017年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.04.25 (Wed)

豆腐とホタテの中華うま煮

久々に料理ネタで~~す♪

200704241819.jpg

もう1品、という時に作る簡単料理です。

材料(4人前)
豆腐1丁(出来れば絹の方が、食感がいいです)
ボイルホタテ1パック
中華だし
片栗粉少々

作り方
①豆腐は10等分し、水切りをしておく。
②フライパンに豆腐、ホタテを並べ、中華だしを溶かした水少々を加え、中火にかける。
③煮だってきたら、火を止め、水に溶かした片栗粉を回しいれる。
④とろみが出るまで弱火~中火で熱する。



説明が上手くなくて、スミマセン。
要は、豆腐とホタテを中華味で煮て、とろみをつけるだけヾ(≧▽≦)ノ☆

ホタテでなくて、海老でも美味しいです。
むしろ、海老の方が美味しいです。海老自体のだしが出て、
味に深みが出ます(ハイ、大袈裟!)。

昨日の夜、思い出して久々に作ったので、ちょっとブログに載せてみたりしました(・。・ゞ

ホタテ、海老以外でも「コレなんてどう?」と言うのがあったら
是非教えてくださいね♪
スポンサーサイト
12:26  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2006.07.15 (Sat)

今日は少し

先週末から今週に掛けて、
救いようのない底なし沼に浸かっていた私・・・・
あり地獄とでもいうのだろうか、
抜け出そうとすればするほど、なんだかおかしなことになっていく・・・

実は昨日、落ち込むところまで落ち込めたので、
そのお陰で、だいぶ気分がよくなりました。


ホントは今日、週1回で行っているお仕事の日だったのですが、
昨日の夕方、立ち直れないほどココロも体も大変なことになっていたので、まことに申し訳ないけれど、お休みさせていただいちゃいました

その、週1回のお仕事が、いまではいい気分転換だったのですが、
それすら嫌になってしまった昨日の私は、やっぱりちょっとおかしかった。

このまま病んでいってしまうのではないかという恐怖もあり、
それがまたウツブルー気分を増加させていたように思われます。

今日は、朝からジジ・ババはお出かけです。
他県の親戚の家へ出かけています。
帰りは午後・・・何時くらいだろう・・・
まぁ、いいけど、何時でも。ゆっくりしてきて。
とにかく、静かで、気分がいい。

なんとかのいぬ間に・・・ではないですが、
ホントにココロの洗濯をしている気分です

でも、あまりテンションをあげ過ぎると、それはそれであとがきついので、
とにかく淡々と気分転換をしようと思います。

なんとか帰ってこれそうな私です。
そうだよね、負けてられないもの
12:19  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2006.07.14 (Fri)

どうしてなんだろう?

同居が始まって、約3週間・・・

想像以上にストレスがたまっている毎日。

夫は基本的に、優しい。
そして、同じくらいにマイペースで、
まさに“我が家”だから、ソファーに寝転がって昼寝したり、出かけたければどんな時間でも私を連れ出し、出かける。
彼には、同居したことによるストレスなんて、全くないに違いない。
逆に、自分の家が広く新しくなって嬉しい、ってところだと思う。

私たちが二人で出かけても、義両親は、それほど嫌な顔は、
一応、しない。

だから、特に問題なんてないんじゃないかと思う。
これもホンネ。

でも。私にとっては、“他人の家”で毎日を過ごしているだけにしか感じられない。
そんなに気を遣っているつもりもないし、自然体でいようと思っている。
でも。
なぜか。
ブルー・・・・

実家の母は、腰を悪くしてしまい、もうかれこれ2年くらい自転車に乗れない。
スーパーが歩いて行ける距離にないので、10日に一度くらいは実家に帰り、買い物や身の回りの手伝いなどをしている。
同居してからも、それはさせてもらっている。
確かに、嫌そうな雰囲気はあるのだけれど、すっとぼけて行く。
そして、夕食の支度までには、帰ってくる。
それで波風立つわけではない。
特に問題はない・・・・


なぁんで、私はこんなにブルーなのか?
なぁんで、気持ちが開放できないのか?

なぁんで上機嫌で話しかける夫に、ひきつった笑顔でしか答えられないのか?

昨日の夜、さすがに私の様子がおかしいことが気になり始めた夫が
聞いてきた?
「なんなの?なんか言いたいことがあるんでしょ?」
言ったって、絶対わかんない。
っていうか、じぶんでも、わかんないもの・・・・

私のそんな態度が夫をいらだたせてしまった。

「そんなになるんだったら、ずっと(実家に)帰ってれば?」
どうしてそんなこというのか?
初日に「この新しい家が、なんだか他人の家のような気がする。
ホームシックかな?チカちゃんに会いたくなっちゃった」
と、ふざけ半分、ホンネ半分のセリフが頭に残っていたのか・・・?

「ホントに帰っちゃっていい?どうせこの家には私の居場所なんてないようなもんなんだから。でも今更あの家にもどれっこないからさ」
自分でも嫌になっちゃうくらいグジュグジュした言い方。
夫は返事をしなかった。

あぁ、なんだか、堂々巡り・・・・・
適応障害・・・って言葉が頭を掠めるよ・・・
もともと気分の浮き沈みはあるほう。
でも、今までは落ちるところまで落ちると、戻ってこれたのに、
落ちもできない、だから浮き、もない。

ヤバイ感じだ・・・・

何にも意欲がわかない・・・

まだ、食欲はあるから、大丈夫かな・・・



もう、毎日こんな記事ばっかりで、読ん下さってる方々、
ごめんなさい。

15:56  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2006.07.04 (Tue)

ほんとに、ほんとに、だっふんだぁ

ジジババ達は日曜に、
私たちが最近まで住んでいたマンションに残っている自分たちの荷物の整理をしに行くと、
数日前から言っていた。

私は、高温期独特のだるさが出始めたので、もうこれ以上ジジババとの3ショットは体に悪いので、
そこには絶対に参加しないと決め、手伝う気配を見せずにいた。
そして
「私たちの荷物はそのままにしておいてください」とだけ言っておいた。

日曜日。
ジジババたちは、早々に、朝7時ごろ、家を出たのがわかった。
私はいつものごとく、その音を聞いてから起き出して、
ゆっくりとストレッチしたりヨガしたりしながら、
朝食の準備や、洗濯などを始めた。

夫が起きて、朝食を済ませた8時半ころ、電話が鳴った。
義母からだった。

「歩いてマンションに来たから、荷物を取りに迎えに来て」

で、でたぁ~!!
私たちを当てにしてる攻撃ぃぃぃ!


・・・まぁ、いいでしょう。ここまでは・・・・

「何時ころですか?」
ちょっと時間を気にしてる風にしてみた。
「でかけるの?」
「はい、ちょっと・・・・」
「何時でも、ミューズちゃんの都合のいい時でいいわよ」

あ、そう、それなら、夕方でいいですか?
「わかりました。お昼ごろになるかもしれませんけど」

昼近くに車でマンションに迎えにいった。

頼んでもいないのにリビングまで片付けていた。

今思えば、その時点で警戒しておけばよかった。

疲れ果てた様子のジジババだったので、
「大丈夫ですか?」と一応ねぎらいの言葉をかけ、台車を持ってきて荷物の運び出しを手伝った。

「もう出かけるの?」
「はい、すいません」

ここはあくまでも冷静に、とにかく必要以上に関わらないように、
でも、申し訳なさそうに、出かける雰囲気をバリバリ出しておく。

舅が、義姉宅に用事があるというので、駐車場まで運転して連れて行った。
帰りこそ車を使えばいいのにと思い、鍵を渡そうとしたら、
「いいから!いいから!あんたがもって行きなさい」
と強い語気で言われ、強引に押し切れず、仕方なくもって行くことにした。

探していた本を購入した後、スタバでお昼を取りながら、超久々に漢字の勉強をした。
・・・見事に振り出しに戻っている・・・泣ける・・・

ひとしきりして、図書館で調べもの&読書をしよう!と行ったのだけれど、
やはり日曜日、結構混みあっている。
座る場所も満足にないので、予定の時間より少し早めに切り上げ、
帰ることにした。

ちょうど夫からメールが。

「どこ?」
「駅前。みんなは帰ってる?」
「まだ。っていうか、車の鍵がないから、迎えに来てって」
・・・だから言ったのに・・・なんなんだ、ジジィ・・・
「さっき、渡そうとしたのに、いいって言われちゃったんだよね・・・。私が行かなきゃかなぁ・・・」
「面倒くさいならいいよ」
「面倒臭いっちゃあ、臭い・・」
「じゃぁ、帰ってきなよ」
ありがとう、夫よ!なんてナイスな判断!惚れ直すぜ!

夕飯の食材を買って帰り、私が家に着くと同時に、夫が家を出た。

テキパキと一人の台所仕事をまんきつしているとみんなが帰ってきた。

「台所から洗面所まで、全部綺麗にしておいたから」
「ばぁさんは、休みなしでやったんだよ。ほめてあげて」

・・・・はい?

「あ、すいません。本当は私がやることなのに」
それが精一杯の言葉だった・・・・

その、「綺麗にしておいたから」と言い切った義母の表情は、
とっても“キラキラ”して、一仕事終えた喜びで“超ご満悦”だったようだけれど、
それはまさしく・・・

大きなお世話でしょう!!!

とても褒めてあげられることじゃ、
ありませんからぁぁぁぁ!!
残念!



結婚した当初に、
私の留守中に来ては、せっせとせっせと洗濯をし、
「家に来て洗濯とか、していただかなくていいですから」
と言葉を選んで言ったのに、
「そぉ?○○(義姉)は、洗濯してもらって喜んでるわよ。
私も子供が生まれたとき、お姑さんが1週間来てくれて、毎日洗濯してくれて、すごく嬉しかったのよ」
・・・・同居してる娘と一緒にしないでください・・・
・・・・子供、いませんから・・・
その意味のわからないセリフに、言い返す気力もなくしたあの日を思い出してしまった・・・


この人は、なにか大きな大きな勘違いをしている・・・
修正、できるのだろうか・・・
無理・・・だろうなぁ・・・・

3年住んだ家を、落ち着いたら丹精込めて整理したかったのだ・・・
今週は高温期でダルダルな体調だから、来週にでもゆっくりやりたかったのに・・・

泣ける・・・・

「あーー疲れた疲れた。お風呂、お先に入るわね。

と、この上ない満足感に浸ってる姑が、かわいそうにさえ思えてしまった。

・・・でも、絶対に褒めません。
心が狭いといわれても、結構です。

冗談じゃ、ありません。
勘弁してください。

荷物を取りに言った時、言えばよかった。
和室以外はやらないでいいですからねって・・・

大丈夫だろうと思った私が甘かった・・・・

油断、大敵、だっふんだぁ・・・
12:10  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2006.06.02 (Fri)

欲望と現実のハザマで・・・・

今年はじめ・・・
いや正確には、夫が入院している最中に
立てた私の目標・・・・


あれあれあれの試験を受け、無事合格したら、
あれに取り組み、余裕があったら、あれの勉強をする・・・


・・・・
もしもし私??


まず、一つ目のあれ=漢字検定
すでに行き詰ってませんか???


はい、完全に行き詰ってます・・・・
テキストは、最後まで終わりました。
間違った漢字をノートに書き出しました。
ええ、書き取りなら、何とかなりそうです。


しかし・・・・
・・・・・部首と部首名・・・・
それが・・・それが・・・
わっかりませーーーん


以前漢字検定を受けた時の不合格ポイント・・・
部首と部首名・・・
書き取り、読み、四字熟語・・・
なんとか、いい感じの得点でした。
しかし、部首と部首名・・・・これが、半分しか正解してなかった。


完全にトラウマになっている・・・


もう、こうなったら、受けてしまおうか、
もしくは、次のあれを先に受けちゃうか・・・


イヤイヤ、それは駄目だ・・・・
それでは、今までの繰り返しだ・・・


ちょっと前にも友達に突っ込まれた
友人「そういえば、GWまでには受けるって、言ってなかったっけ?」
私「う、うん。そうなの、そうなの
凹みかけた私に、友人はこういってくれた
友人「でも、ミューズちゃん、やろうと思うだけえらいよ
私「そ、そぉ??
ほめられると伸びるという私の性格をよく理解してくれている友人T。
非常にありがたい。
その一言で、くじけそうだった私に、一筋の光が・・・・


でも、その出来事から、かれこれ1ヶ月・・・


Tちゃん、私、まだじたばたしてます・・・
でも、頑張るからね・・・
また、ほめてください・・・


テーマ : いまのきもち - ジャンル : 日記

06:51  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。