04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.13 (Mon)

4月になりました

判定日から5日後に無事生理が来て、リセット完了。
さて、次の周期からどうするか、ずっとそれを考えていました。

今も考えています。

凍結胚盤胞がもう一つ残っているけど、今回よりもグレード・質共に良くないだろうし、
今後の事を考えて、少しでも若いうちに卵を作っておきたい。


これが、夫と話し合った結果出した結論です。
“話し合った”と言っても「痛い思いをするのは俺じゃなくミューズだから」と言って、
ほぼ私の考えを夫が受容しただけですが・・・・・。

問題はここからです。
・・・・転院しようか?
ということです。

去年採卵をするちょっと前まで、ちょうど一年位前にも、同じことを考えました。

私の通っている超有名不妊専門病院は、
不妊治療経験者なら殆どの人が知っているほど、有名です。
技術は最高峰だと評判の病院です。

受精と培養、凍結技術に関しては、確かにそうらしし。
それから、あまり薬を使わない治療方針だから、今まで薬漬けでホルモンバランスが悪くなってしまった人には最適だと。

そうなんだけど・・・・・

私はFHSが高い。
卵巣機能がアンバランス。
去年の6月の採卵で、今までになく薬が効いてあんな数の卵が採れたのは、
鍼治療のお陰のようである。

鍼治療をしなかったら、今頃何も進歩していなかったのかも知れない。
鍼治療をしようと思った自分の感覚を信用しよう。

そうなると、
「このままこの病院でいいのだろうか」という拭い去れない思いに
正直になろうか?
いや、ただ単に上手く行かない事を病院のせいにしているだけなんじゃないだろうか?

さまざまな思いがここの所ずっと頭の中をグルグル回っているのです。

ネットで調べて、今の病院よりも金額が上がってしまうけど、
予約制で、「一人一人に合った治療を」行っていると謳っている病院に心引かれています。
いやもちろん、どこの病院も「その人のことを考えて」治療してくれていることは、間違いないと思います。

あ~~ほんとに!
子供は結婚すれば自然に出来るものだと思ってたのにな~~~
お金も時間も気持ちも、こ~~~んなにすり減らしてまで、なんてね~~~
お金と気持ちが、一番なえるね~~~
17万円かけてお腹に戻して、
でもそんなの1週間でおじゃんだもんね~~~~

私の行ってる病院を“最後の砦”として受診して見事ご懐妊した方もいれば、
ここで結果が出なくて、気分転換に違う病院に行ったらすぐに妊娠したよ~~って方もいるから、
どこの病院が駄目だとか良いとか、言えないとは思います。

医療は絶対じゃないから。
世の中に絶対はないから。

あ~~~悩むな~~~~~

・・・・・・そこまでして欲しいの?
ホントにね、あっさりと諦められたらどんなに楽か。

あ~~~~人生山あり谷あり!
スポンサーサイト
13:13  |  がんばれ、子作り!第二段!  |  TB(2)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.23 (Mon)

判定日!!

3月21日土曜日。
判定日です。

前日までは、自分でも大丈夫かな?と思うほど、全く緊張感がありませんでした。
ただ、一応頭の中では、
OKだった時とNGだった時の、後日の過ごし方のシュミレーションはしまくっていました。

正直なところ、8割くらい、駄目な方に気持ちは傾いていました。
前回の妊娠のときは、非常にわかりやすい反応だったのですが、
今回は全くそんな反応はなく・・・・・。

反応がなくても「妊娠してましたっ!!」
っていう情報を、ネットでも良く見るから、反応だけでは分からないだろうとも思ったり、

グレードが良くなくても、妊娠したんですよ!
っていうステキな情報をブログに載せて、
世のプレママ仲間さんたちに明るい希望を提供したいワ♪
なんていう、カワイイ思いもあったり。


そんな淡い思いは、
ええ、
もろくも崩れました。

βHCG 1.4
ほ~~~~っほっほ!

でも、ちょっと、着床してくれたのかな?
偉かったね~~~~。+゚(*´∀`*)。+゚
ありがとうね~~~。+゚(*´∀`*)。+゚

さすがに病院に着いて、採血が終わったあたりから、
やっぱりにわかに緊張し始めました。
名前を呼ばれて診察室に入る瞬間は、
マックスに緊張して、ちょっと吐きそうでした(*´∇`*)

あ~~~あ・・・・・
って、がっかりしなかったかと言えば嘘になりますが、
駄目だったものは仕方ない。
気持ちを切り替えて、次の周期をどうするか考えなくちゃ。

なんだろう・・・
強くなったっていうより、鈍感になったのかな?
諦めが良くなった?
割りきりが良くなった?

よくわかならないけど、時間は刻々と過ぎていて、
人は前にしか進めないのだから、
前に進んでいきましょう。


さてっ!!

テーマ : 赤ちゃんが欲しい - ジャンル : 結婚・家庭生活

17:10  |  がんばれ、子作り!第二段!  |  TB(1)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.18 (Wed)

移植日当日

3月14日土曜日。生理後21日目。
凍結胚盤胞移植です。

前日の義父とのバトルの興奮から、就寝時間が遅くなってしまった私に気を使ってか、
夫が「明日雨だったら、駅まで送ってあげるから、(オレを)起こしてもいいよ」と、
涙が出るほど優しい口調で言ってくれたのですが、
言葉どおり雨が降っていたので、 遠慮なく おことばに甘えて送ってもらいました。

8時20分頃受付。
8時50分過ぎに採血。
土曜日ということもあり、かなり待たされて診察。時刻は10時50分。
そんなに待ったのに診察は1分il||li _| ̄|○ il||l
「ホルモン値は問題ありませんので、予定通り移植です。
看護士さんからお話がありますので、処置室の前で待っていてください」

はい・・・・・

看護士さんの説明も、1分・・・・・
要は、前金を払い、上の階に行って培養士さんからの話を待つ・・・・
という流れの説明。
移植は2度目なので、なんとな~く流れはわかるし、
待たされるのは覚悟してたし、結構、リラックスしていました。

持ってきた本も読み終わり、ウォークマンも聞き飽きた頃に
培養士さんに呼ばれました。時刻は13時ちょうどくらい。
「6日目胚盤胞の移植になります。先生からお話があったと思いますが、
今回の受精卵は成長が遅かったので、アシステッドハッチング(受精卵の周りの透明帯を取り外して、着床をしやすくすること)を行います」
と、説明を受けました。

13時40分。移植をする部屋(通称:リラックスルーム)へ移動。
14時40分。移植。
1時間待たされたのに、移植はほんの10分くらいでした。
前回に比べて、気持ちに余裕があったからなのか、ドクターとの相性が良かったのかわかりませんが、
今日は痛さもなく、モニターをしっかりと眺めて「卵ちゃん、カモ~~ン♪」なんてことを考えてました。

移植後、20分くらい休んだ後、お会計をして病院を出ました。時刻は15時30分。
長い一日でした。

今回は、何故だか全然緊張しませんでした。
診察の段階で卵のグレードが余りよくない事がわかったから?
前日にバトルして、ちょっとだけエネルギーを使っちゃったから?
ある種、悟りを開いてるから?
仕事のしがらみがないから?

たぶん、全部の要因が絡んで、いい意味で開き直ってきたからだと思います。
駄目なら、また前に進めばいいし。
いやいや、まだわからないのに、そんなコト言ったら、せっかくお腹に戻ってくれた卵ちゃんに失礼デショ~~~!!

相変わらず今のところ、全然変化はありませんが、
自覚がないからこそ、小走りしたり、いつもどおりガツガツ家事したりしないように、
判定日までの7日間、ゆったり過ごしましょう!!

テーマ : 赤ちゃんが欲しい - ジャンル : 結婚・家庭生活

15:13  |  がんばれ、子作り!第二段!  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.13 (Fri)

移植日前日

移植前日の13日。
この日は、ちょいと忙しいスケジュールになりました。

バリバリでボサボサのヘアースタイルのために、
朝10時までに美容院に行き縮毛矯正をかける。
痛んでいた毛先を5センチもカットしました。

13時に家に戻り、夕飯のカレーを作り、鍼治療院へ。
前日ということもあり、先生も念入りにやってくださっているように感じました。
実際、いつもより鍼の数が多かった気がします。

7時過ぎに家に戻ると、すでに帰宅していた義母がカレーを温めておいてくれたので
帰りが遅くなると言う夫を待たずに3人で夕食をとりました。

8時過ぎにはお風呂に入り、あとは夫の帰りを待ち、寝るだけ~~~!
9時半頃に帰宅した夫のためにカレーを温めているときに、ある事件が勃発。


・・・・義父とバトルしてしまいました・・・・


以前から、私の中では「口うるさい男だなぁ・・・・」とちょっと距離をおいていたのですが・・・・

義母がちょっとした言い間違いをしたり、前置きなくいきなり話を変えたりすると、
びっくりするくらい大きな声で
「なんだそれは!」って言い放つし、
義母が家を出てから携帯を忘れたり、鍵を忘れたりすると、
大事件を起こしたごとく叱り飛ばしたり。
そのくせ、肝心な時は全然役に立たない的な義父を
好きになれずにいました。

というか、どちらかと言うと、私が嫌いなタイプの男。
夫の父親だから、口を利いているけど、
若い頃の私だったら、口も利かないタイプです。


きっかけは、些細な事。
まぁ、私のほうに原因があったと認めましょう。
でも、頭ごなしに怒られると、
私もつい釣られて言い返してしまいました。

・・・っていうか、
私はあなたに養ってもらってないですけど?
そりゃ、多少の援助はしてもらってます。
でも「俺の言う事が聞けないって言うんだ?」って、なに??
はぁ~~~~~~??って感じ。

だいたい、大袈裟なんだよ。
気が小さい男特有のものの考えだね。

以前にもちょっと怒鳴られた事がありました。
義母曰く、「お嫁さんと言うよりも、娘だと思っているから怒鳴ってしまうのよ」
って。
まぁ、その気持ちは、ありがたいですよ。

でも、勘違いしてもらっては困る。
私は、夫と夫婦なのである。
夫がいいよ、と言ってる事まで、禁止される理由はない。

いい嫁と思っていたから、びっくりしてがっかりしたのかもしれないけど、
私はこういう人間です。
どーもすみません。



と、そんな事があったので、
本当はもっと早く寝て次の日に備えようと思ったけれど、
興奮を冷ますために、いつもよりも1時間早く就寝しただけでした。

移植前日の出来事としては、とっても強烈な出来事でした。

さて、当日!
当日は、順調でした。


つづく。

テーマ : 赤ちゃんが欲しい - ジャンル : 結婚・家庭生活

15:16  |  がんばれ、子作り!第二段!  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.10 (Tue)

移植に向けて

なかなかパソコンの前に座る事が出来ず、
コレといってネタもなく、
いっそこのまま放置してしまおうかとも思ったり思わなかったりですが、

まぁ、この更新しない状態は今更始まった事でもないし、
なにより、前回の移植の時のことを記録しておいた事が、
今後の治療やその他について、とっても参考になったので、
やはり自分自身の記録としてこのブログを存続させようと思い今日に至りました。


今年に入ってすぐにでも治療を再開しようと思っていたけれど
なかなか状況が許してくれず大変でしたが、
なんとかこぎつけました。


ここ数ヶ月の大変だった事も、
もしかしたら同じような事で悩んでいる人の役に立つのかもしれないと確信できたら、
是非記事にして見たいと思いつつも、
私のことだから、ありえないかもヾ(≧▽≦)ノ☆ という確信もあったりして。


まぁ、それはさておき、
やっとこぎつけた治療再開の、
今日までの過程を記しておきましょうか。


2月16日 鍼治療再開。
こちらもずっとお休みしていました。時間と、お金と両方の都合かつかず。
現在の私にとって、何が一番大切か。分かっていても、大人になると自分の事ばっかり優先できない現実がありますよね。
でも、「○○のために出来なかった」って誰かのせいにして自分のことを諦めたくないから、絶対にやり通すことにしています。
自分を犠牲にたことで、誰かのせいにして諦めてしまった20代の私から学んだ教訓です。

2月22日 生理開始。
流産をしてから、30日周期に戻りました。
それっていいことなのかな?若返ったって事?
え~~~?!それはあまりにも前向きすぎない??
だって、量が減った気がするもの・・・・・

2月23日 二回目の鍼治療。
私は疲れていました。相当、疲れていました。気持ちも、体も、疲れていました。
でも、それは誰のせいでもないもんね、自分で決めてそうした事だから、納得してるよね?
背中の鍼の数が、今の私の勲章です!

3月2日 三回目の鍼治療。
本当は28日に予約を入れていたのだけれど、風邪なのか花粉症なのか鼻水がジュルジュルで、
とってもお外に出たくなかったので、日にちを変更してもらいました。
でも、2日の方が強風で大変だったりして(*´∇`*)

3月8日 生理15日目の診察。
この日がリ・スタートの日になりました。何か運命を感じますね~~~~。
なんて変な期待をしていると、また面倒くさいので、落ち着いて冷静に時を迎えましょう。
今回は左からの排卵で、卵胞は18.5ミリ。子宮内膜は8ミリ。
ホルモン値はすべて標準。前回の流産の影響は全く残っていないそうです(残ってたら大変)。
本日18時にスプレキュアを行い排卵させてくださいとの指示。
ちょっと遅れて18時20分頃になっちゃったけど、無事遂行であります。
6日後の14日土曜日に移植予定であります。


今回の移植は、凍結してある2個の6日目胚盤胞を使用します。
よく、5日目の方がいいとかグレードがいい方がいいとか言われてますが、
前回のように5日目でグレードも良かった卵でも、駄目な時は駄目だったりするので、
そこについてはあまり深く考えていません。

ただ、前回の教訓として、
「胎嚢確認までは、安静、安静!!」を心がけ、
「心拍確認までも。安静、安静!!」で過ごすつもりです。

もちろん、安静にしてもしなくても、関係ないのかもしれないけど、
気休めでも、そこはちゃんとしようと心に決めています。

だから、今月は仕事も一切お休みです。
今までの私だったら、考えられませんが、
職場の混乱状態は百も承知で、そうさせていただいてます。
プライベートのごたごたにも、絶対に巻き込まれないぞ、という強い意志を持っています。

今の私にとって、
今の私たち夫婦にとって、
何が一番大切か。
私自身が強くそれを思って守らなければ、意味がないだろうと。

・・・・・って、大袈裟だけど、
だって、そう思わないと、巻き込まれそうな環境なんだもん。
私ってやっぱり優柔不断なんだもん。

仕事してなくても、やっぱり主婦は忙しいから・・・・
嫁はやっぱり大変だから・・・・
嫁いでも、長女はイロイロあるから・・・・

でもさ、イロイロあったり、頼られたり、やることあったりしてるのって、
やっぱり幸せだと思う。
なんだかんだ、幸せを満喫してるんだと思う、私は。

さて、移植に備えて、
・・・・・昼食をとりますか。

テーマ : 赤ちゃんが欲しい - ジャンル : 結婚・家庭生活

13:25  |  がんばれ、子作り!第二段!  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。